便利でも使いすぎに注意!カードローンの正しい使い方をチェック

必要な時にいつでもお金を借りられるカードローンはとても便利なサービスですが、使いすぎには要注意です。ここではカードローンの正しい使い方についてチェックしていきましょう。

カードローンを正しく使うためにはルールをしっかり理解しておかなければなりません。カードローン利用者としてのマナーも守って借りすぎを防いでくださいね。

カードローンは使い方を工夫することでトラブルの予防につながります。あらかじめトラブルを避けるには、カードローンの返済計画も重要なポイントです。計画性を持ってカードローンを活用しましょう。

ルールを守る!正しいカードローンの使い方を身につけて

カードローンは使い方を誤ることでトラブルが起こりやすくなります。そこでまず気をつけておかなければならないのが、正しいカードローンの使い方を身につけることです。

カードローンを利用する上で、みなさんが守らなければならないルールが様々あります。ルールをしっかり守ること=正しい使い方なので、基本のルールを確認しておきましょう。

  • 限度額の範囲内で借り入れ・返済をする
  • 「総量規制」を超えないように借り入れをする
  • 毎月の返済日を守って完済を目指す

カードローンは審査によって限度額が決まります。限度額の範囲内なら繰り返し借り入れ・返済ができますが、限度額を超える融資は受けられません。もし限度額以上を借りたい場合は、別途「増額」の審査を受けましょう。

返済日を守ることが一番重要に

消費者金融のカードローンには「総量規制」というルールがあります。年収の3分の1以上の融資は受けられないというルールなので、総量規制を超えないように借り入れをすることも大切です。

「カードローンで借りたお金を返済日に支払う」というポイントも忘れてはなりません。これはカードローンを利用する時に一番重要なルールです。

みなさんは毎月消費者金融にカードローンの返済をしていくことになります。月々の返済額を支払いながら、最終的には完済を目指します。

返済は毎月一定額を支払うことがルールですが、お金に余裕がある時などは自分の都合で追加返済もできますし、まとめて一気に完済(一括返済)してもOKです。

支払い方法を工夫することも正しいカードローン利用につながりますよ。

お金の借りすぎを防ぐには?カードローンの使い方に工夫を

もちろんお金を借りる段階において工夫することによって、より正しくカードローンを活用していけるでしょう。お金の借りすぎを防ぎたい時も、使い方を工夫してみてください。

  • あらかじめ使い道を決める
  • 限度額の範囲内でさらに上限を決める
  • 返済から逆算して借り入れ額を決める

カードローンでお金を借りすぎたくない時は、あらかじめ使い道を決めておきましょう。何のために借り入れをするのか、理由をはっきりさせることで借りすぎを予防できます。

また、消費者金融によって決められた限度額の範囲内でさらに上限を決めることもおすすめです。

たとえば、限度額が50万円に設定されているなら、「借りても良いのは10万円まで」など自分の中で改めて上限を決めてみましょう。こうした自制心の掛け方も効果的ですよ。

いくらなら返済できる?

お金の借りすぎを予防したいなら、返済から逆算して借り入れ額を決めるという方法もあります。「いくら借りられるか?」ではなく「いくらなら返済できるか?」に目を向けてみましょう。

少し視点を変えるだけでもカードローンの使い方は工夫できます。ちょっとした工夫でも構わないので、まずは今できることからチャレンジしてみてくださいね。

カードローンのトラブル予防につながる「返済計画」

カードローンの正しい使い方をする上で欠かせないのが「返済計画」です。返済計画とは、カードローンでお金を借りてから返すまでの計画のことを指しています。

返済計画をしっかり立てていると、延滞などのトラブルが起きにくくなります。毎月の返済額、利息、何ヶ月かけて完済を目指すかなど、具体的な計画を考えてみましょう。

返済計画はカードローンでお金を借りる前に立てることが鉄則です。借り入れ後に慌てて計画を立てるのではなく、借り入れ前に余裕を持って計画を練っておきましょう。

シミュレーション結果を参考に

けれども、初めてカードローンを利用するみなさんにとって返済計画を一から立てるのはハードルが高いですよね。そこでおすすめなのが「返済シミュレーション」というサービスです。

消費者金融の公式サイトでは、月々の返済額やトータルの返済回数をシミュレーションできます。シミュレーション結果を参考にすると、初心者でも返済計画を立てやすくなりますよ。

  • 返済シミュレーションをする
  • 結果を参考に返済計画を立てる
  • カードローンでお金を借りる

安全に借り入れを・返済をするためにも以上の流れに沿ってカードローンを正しく使っていきましょう。

カードローンは自分の使い方次第!便利でも頼りすぎないように

どんなに安全性が高く安心して利用できるカードローンでも、使い方を誤ればトラブルの原因を作り出してしまいます。カードローンは自分の使い方次第でメリットにもデメリットにもなるのです。

カードローンが便利に感じたとしても、決して頼りすぎないように注意してください。ルールやマナーをきちんと守った上での便利さであることを忘れないでくださいね。

カードローンの使い方

銀行?消費者金融?カードローンを低い金利で利用する方法

お金を借りたら、後に待っているのは「返済」です。 返済を考えるなら、当然低い金利の商品を選んでいきたいものです。 なるべく低金利の商品で融資してもらえば、総返済額は低くなるからです。 ...

返済の長期化注意!残高スライドリボルビング返済の利息を抑える方法

消費者金融のカードローンなどを利用した際、返済額を決めるには多くの場合、「残高スライドリボルビング返済」という方法が採用されています。 しかしこの返済方法は返済が進むにつれ負担が減る反面、...

派遣社員の在籍確認は派遣元か派遣先か?様々なパターンをご紹介

クレジットカードやカードローンを申し込もうとした時、派遣社員だけど在籍確認の連絡ってどこにかかってくるんだろう?とか、もしかしたら派遣会社が取り合ってくれないかもしれない、などと不安に思う方...

カードローンを借りるなら利息額は自分で計算が原則!意外と簡単です

カードローンでお金を借りるときに一番気になるのが利息ですが、利息の額をどうやって算出したらいいかはご存じですか?一見難しそうですが、自分で意外と簡単に計算できますよ。 自分で算出できないと...

金利安いキャッシングは自分で返済を工夫することで実現できる!

カードローンの金利はできるだけ安く納めたいですね。カードローンの広告を見ると金利が1桁のものもたくさんありますが、それをうのみにして申し込んでしまうと公開することになります。 実際審査では...

知りたい!借金が返済できない時にしてはいけない3つの行動とは?

ローンやキャッシングなどを利用して、現在借金があるという方も少なくないのではないでしょうか。 毎月決められた金額を返済して当たり前ではありますが、中には今月厳しい…という方や、実は前からち...

親バレが怖い…学生でも家族に内緒でカードローンを利用できる?

学生生活を送っていると何かとお金がかかるものですよね。親からの仕送りやアルバイトなどで賄うことが出来ればいいのですが、なかなかそう上手くいかないのが現実です。 テレビCMを見ていると、毎日...

ご注意を…銀行のカードローンで即日融資を受けることは難しいです!

お金を借りたい!と思ったときに、借りるまでに1週間とか2週間とかかかるとなると困る方もいらっしゃいますよね。 2~3日のうちに…という方や、中には出来れば即日融資が受けられると良いんだけど...

申し込み前に知っておいてほしい!カードローンとは一体なんなの?

「カードローン」という言葉を聞いたことがない!という方も少ないのではないでしょうか。テレビCMや雑誌などの広告でも「カードローン」が取り扱われていることが今や当たり前となってきています。 ...

専業主婦の方がカードローンを利用する場合の3つの注意点!

お金がいるのに手元にないから借り入れしたい!と考える方は、働いている方だけに限りませんよね。年金受給者の方であったり、無職の方であったり、専業主婦の方であっても、お金を借りたい!と思う瞬間は...