ろうきんのマイプランカードの特徴は?借り方や返し方を詳しく紹介!

カードローンは様々な金融機関の色々な商品があり、どれにしたら良いのか迷っている…という方もいらっしゃるかと思います。

今回の記事では、多くの金融機関の中から「ろうきん」を取りあげ、そのカードローン商品である「マイプランカード」について紹介していきましょう。

ちなみに「ろうきん」とは「労働金庫」のことですが、銀行とも消費者金融とも異なるので「ろうきん自体何だかよくわからないし、信用できない…」という方もいらっしゃるかも知れませんね。

そこで、ろうきんについても触れながら、マイプランカードの借り方や返し方など、詳しい利用方法を説明していきます。

初めに「ろうきん」って?消費者金融それとも銀行?

銀行や消費者金融とも異なる「ろうきん」…よく知らない、という方も多いのではないでしょうか?

カードローン商品を紹介する前に、「ろうきん」について少し紹介しておきましょう。

ろうきんは「労働金庫」の略称で、以下のように全国で13のグループに分けられています。

ろうきんの種類 管轄している地域
北海道ろうきん 北海道
東北ろうきん 青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県
中央ろうきん 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県
新潟ろうきん 新潟県
長野ろうきん 長野県
静岡ろうきん 静岡県
北陸ろうきん 富山県、石川県、福井県
東海ろうきん 愛知県、岐阜県、三重県
近畿ろうきん 滋賀県、奈良県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県
中国ろうきん 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国ろうきん 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州ろうきん 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
沖縄ろうきん 沖縄県


ろうきんは、労働組合や生協などの働いている人達がお互いに資金を出し合い、自分達で運営を行っている協同組織の福祉金融機関です。

ろうきんと銀行との一番の違いは「営利を目的としていない」という点です…だからといって、まったくお金が必要ない、というわけではありませんが、利益は必要なサービスを提供し続けるのに必要な範囲で確保しています。

また、「株主が資金を出し合って運営を行っている銀行」に対して、ろうきんは勤労者が中心となって融資を行い、勤労者の生活や福祉の向上ニーズに応えています。

銀行よりも、私達にグッと身近な金融機関…それが「ろうきん」ということが言えるのではないでしょうか。

働く人達が運営するろうきん…どんな人でも利用できる?

ろうきんは働いている人達がお互いに資金を出し合って運営している福祉金融機関ですが、どんな雇用形態の方でも利用できるのでしょうか?

ろうきんは、正規や非正規などの雇用形態に関わらず、働いている方なら誰でも利用することができます。

また勤め先に労働組合がなくても利用可能です。生協を利用している方や、パート、アルバイトの方、学生の方でも利用可能となっています。

(カードローン商品は満18歳の方から利用できますが、未成年の方の契約には保護者など親権者の同意が必要になります。)

その他、利用できるろうきんは先ほど紹介したグループの中から好きな場所のものを…というわけではなく「自分の住まいがある」または「勤務先がある」という場所のろうきんに限られます。

全国でろうきんのグループは13に分けられていますが、店舗数自体は全国で627店舗もあるので便利に利用できますよ。(2018年3月末の時点)

店舗以外にはローンセンターもあり、平日の夕方や休日にローン相談会などが開催され「日中なかなか時間が取れない」という方にも対応しています。

マイプランカードは低金利の嬉しいカードローン!

全国に627、と多くの店舗があるろうきんですがカードローン「マイプラン」に申し込むにはどのようにすれば良いのでしょうか?

ここからは、ろうきんのマイプランカードの申し込み方や、利用方法などについて紹介していきましょう。

カードローンに申し込むには、まずは近くのろうきんの店舗に相談に行ってみましょう。

近くのろうきんの店舗は、ろうきんのホームページから調べることができます。目立たないため、「調べてみたら意外と近くにあった!」という方も多いようですよ。


店舗に行くのが難しい…という場合はインターネットからも、相談や申し込みの手続きが可能です。

インターネットでの申し込みの場合、まずは各管轄のろうきんのホームページ内の「仮審査申し込みボタン」から申し込みフォームへアクセスし、必要事項を入力します。

入力後、送信すると仮審査申し込みの受け付けが終了します。その後、営業店から連絡がありますので、本申し込みの手続きを行います。

本申し込み後、審査が行われます。審査に通れば融資の承認がされます…これで契約が完了し利用開始となります。

申し込みから2週間から4週間ほどで、キャッシュカードは郵送で送られてきます。必ず受け取りましょう。

店舗で契約を行う場合は店舗で受け取ることも可能です。「カードを自宅に送られるのは困る」…という場合は店舗で受け取りましょう。

(即日での契約完結、およびキャッシュカードの受け取りは不可能なので、店舗での受け取りの場合は、申し込みをしてから後日の受け取りになります)

なお申し込みには、ろうきんでの口座開設が必須であり、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要となります。

商品名 ろうきんマイプラン
口座開設 必要
利用できる方 管轄のろうきんに出資のある団体会員の構成員、または自宅や勤め先(事業所)がその事業エリア内にある給与所得者。満18歳以上満65歳未満の方。同一勤務先に1年以上勤務のこと。(自営業者などの給与所得以外の方は原則として3年以上)安定継続した年収が150万円以上あること。管轄金庫所定の保証協会の保証を受けられること。
使い道 自由(ただし事業性資金、投資目的、負債整理、賃貸用に供する不動産の取得、リフォームなどは除く)
利用媒体 インターネット/モバイルバンキング(インターネットバンキングの手続きが必要です)、またはローンカード
融資可能額 10万円〜500万円(10万円単位)
契約期間 カードローン契約日の1年後の応答日の前日。以降1年ごとに自動更新
融資金利 変動金利
利息の計算 貸越元金×日数×利率÷365(平年、うるう年に関係なく)
返済方式 定額型または残高スライド型
担保 不要
その他 希望の方は自動融資サービスあり

金利は「団体会員の構成員の方」「生協会員の組合員および同一生計家族の方」「上記以外の一般の勤労者の方」で分けられており、以下のようになっています。

団体会員の構成員の方 年3.875%〜年7.075%
生協会員の組合員および同一生計家族の方 年4.055%~年7.255%
上記以外の一般の勤労者の方 年5.275%~年8.475%

自分がどれだかわからない…という場合は、申し込み時によく相談してみましょう。

しかしながら、銀行や消費者金融の金利は年4.0%〜18.0%などの年率が多い中、上記のどれに当たるにしても、とても低金利で利用しやすそうですね。

ろうきんのカードローンどこで借入や返済ができる?

ろうきんのカードローンを利用するには、どのようにして借入、また返済をすれば良いのでしょうか?

もちろん全国にあるろうきんのATMから、手数料無料で以下のような時間帯で借りたり返したりすることが可能です。(振込み手数料は別途必要です)

平日、土日祝日 引き出し、入金…7:00〜23:00
平日、土日祝日 振込み…8:00〜21:00

その他にも銀行やコンビニなど、以下のようなあなたの身近な場所で利用できるので「近くにろうきんのATMがない!」という方でも安心ですよ。

  • MICS(全国キャッシュサービス)加盟金融機関のATM
  • ファミリーマート設置のATM
  • セブン銀行のATM
  • イオン銀行のATM
  • E-net、ローソンのATM
ちなみにMICSとは「全国キャッシュサービス(Multi Integrated Cash Service)」のことで、MICS加盟金融機関のATM…というと、ゆうちょ銀行、セブン銀行、E-net、きらぼし銀行を除く以下のような場所のATMのことです。
  • 信託銀行
  • 都市銀行
  • 新生銀行
  • あおぞら銀行
  • 地方銀行
  • 第二地方銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • 農協
  • 漁協など


さて、ファミリーマート設置のATMやセブン銀行のATMを利用して借入した場合、1回の利用につき110円から最大220円の手数料がかかりますが、ろうきんには即時キャッシュバックシステムがあります。

これは、カードローンの引き出しの他、普通預金の引き出しや貯蓄預金の引き出しにも対応しているサービスで、キャッシュバックの回数に制限はありません。

引き出し時に即時、ろうきんから利用者の取引口座に入金されるので、手数料がもったいない…という方でも安心してカードローンを利用できます。

ATMから借入を行う方法の他、インターネットバンキング「ろうきんダイレクト」の手続きを行えばインターネットからも借入や返済が可能となる他、以下のような操作も可能です。

  • 残高照会、明細照会
  • 振り込み
  • 振替
  • カードローンの借入と返済
  • 振り込みと振替限度額の変更
  • ペイジー
  • 振り込み手数料キャッシュバックサービス
  • 一般財形
  • エース預金
  • 定期預金
  • 投資信託
  • ローン
  • Webお知らせ
  • 利用口座登録または会場
  • 各種申し込みや変更手続き
  • セキュリティサービスの利用など

また、電話で借入を行う「テレフォンバンキング」という方法もあります。こちらでは以下のような操作が可能です。

  • 残高照会
  • 入出金明細照会
  • 登録先(または登録先以外)への振り込み
  • 振替
  • 一般財形の支払い
  • エース預金の支払い
  • 定期預金
  • ローンの繰上げ返済
  • 利用口座の登録
  • 暗証番号変更
  • オペレーター対応で振り込み限度額変更、公共料金の自動引落登録、住所変更
ろうきんで借入や返済を行う場合、ATMの他にインターネットやテレフォンバンキングの利用も可能ですので、自分の利用しやすい方法を選んで利用してみましょう。

低金利のカードローンを探している方は検討してみては?

今回の記事では、ろうきんのカードローン商品「マイプランカード」について紹介してきましたが、いかがでしたか?

「ろうきんにあまり馴染みがなくて、カードローンの利用候補にも入れていなかった」…という方も、金利の低さに魅力を感じた方も多かったのではないでしょうか。

また借入を行うにも、近くのコンビニのATMを利用すれば、とても気軽に利用できるのも嬉しい点ですね。

インターネットバンキングにも対応しているので「わざわざATMに行く時間がない」という方でも安心です。

金利も低くおすすめのマイプランカード…興味のある方は、一度近くのろうきんに相談に行ってみてはいかがでしょうか。

ただ申し込みから利用までは2週間から4週間ほどかかる場合もありますので、ぜひ時間に余裕を持って、申し込みをしてみてくださいね。